倉知眼科倉知眼科

Greeting

院長挨拶

倉知眼科 院長 倉知 豪Takeshi Kurachi

2010年2⽉に多治⾒市平和町に開院いたしました。

倉知眼科は、【網膜硝⼦体疾患】【⽩内障】【緑内障】を診察から治療まで⼀貫して⾏っております。

最新の医療機器や設備、治療技術を⽤いて、多治⾒を中⼼とした近隣市町村の⾼度医療を担いたいと思っております。

特に名古屋までの通院・⼊院が困難な⽅に、都市部と同じ医療を受けられる環境の構築を⽬指しております。
名古屋市⽴⼤学病院及び、⾼⼭⾚⼗字病院での多数の⼿術経験をもとに、⼀般的な眼科診療や外来⼩⼿術から、専⾨性の⾼い⼿術・治療を地域の皆様にご提供できるよう尽⼒してまいります。
これまでの経験で培った幅広い⾒地と最近の学会や⽂献から最も良いと思われる⽅法を選択し、最先端かつ最善の治療を常に⼼掛けております。

また、⼿術は開院以来、毎年年間1000件を超え、全て院⻑・副院⻑が執⼑いたします。
網膜剥離や感染性眼内炎などの緊急かつ⾼度な硝⼦体⼿術に対しても、当院にて当⽇にご対応いたします。
術後の緊急対応もご安⼼ください。

患者様の病気に対する疑問や不安には、専⾨スタッフの充実により、丁寧な対応をさせていただきます。
クリニックの利点を⽣かし、【患者様の⽴場に⽴ったクリニック】を⽬指してまいります。

院長プロフィール

1999年 名古屋市立大学医学部卒業
1999年 名古屋市立大学眼科学教室入局
以後、静岡県立総合病院・名古屋市立東市民病院・知多厚生病院に赴任
2004年 名古屋市立大学眼科 助教(網膜硝子体グループ)
2007年 高山赤十字病院へ赴任
2010年2月 多治見市にて倉知眼科を開院
所属学会 日本眼科学会・日本眼科医会・日本網膜硝子体学会・日本眼科手術学会
資格 日本眼科学会認定専門医・PDT認定医・オルソケラトロジー認定医
専門領域 網膜硝子体疾患・白内障
公職・その他 名古屋市立大学非常勤講師

2010年の開院以来、多くの地域の皆様ならびにご紹介いただいた眼科医ならびに内科医の先生方のご支援を賜り、この10年間で、白内障手術は10000件(多焦点眼内レンズを含む)、硝子体手術1000件、観血的緑内障手術300件を超えました。
皆様に心より感謝申し上げます。

副院長挨拶

倉知眼科 副院長 菅 啓治Keiji Suga

近畿大学を卒業後は、2年間 麻酔科で研修しました。
麻酔科では手術室や集中治療室で全身管理の基本を学びました。

研修後は眼科を専攻しています。名古屋市立大学病院では網膜外来、小児外来を担当していました。
大同病院では1000件以上の白内障手術を執刀しました。

多治見での勤務は12年ぶりとなります。駅は改築され、市役所は移転し、新しいマンションが立ち並んでおり町の雰囲気は変わりましたが、患者さんの優しい雰囲気は変わっていませんでした。
忙しく楽しかった研修医時代を懐かしく思い出します。

今後は院長と共に東濃地区の眼科医療に貢献できるように頑張ります。よろしくお願い致します。

副院長プロフィール

2002年 近畿大学医学部卒業
2002年 名古屋市立大学 麻酔・蘇生学教室 入局
2003年 岐阜県立多治見病院へ赴任
2004年 名古屋市立大学 眼科学教室 入局
以後、大同病院、白川病院、高山赤十字病院へ赴任
2011年 名古屋市立大学 眼科 助教
2012年 大同病院 眼科 部長
2016年 当院 副院長
所属学会 日本眼科学会・日本眼科医会・日本網膜硝子体学会
資格 日本眼科学会認定専門医・厚生労働省認定麻酔科標榜許可(麻酔科標榜医)
専門領域 網膜硝子体疾患・白内障
公職・その他 名古屋市立大学非常勤講師