倉知眼科倉知眼科

cataract-surgery

倉知眼科の白内障手術

当院では、目に優しい精度の高い手術を心掛けております。丁寧に執刀し、ほとんどの手術が4~8分で終了し、小瞳孔などの難症例でもほとんどが10分前後で終了します。

従来の白内障手術は、超音波測定結果に応じた1~2種類の眼内レンズから選ぶ手術でしたが、最近は研究が盛んになり、個々の症例に多種多様な眼内レンズの選択が可能になりつつあります。

患者さまにとって一度の手術ですので、生活習慣や手術前の度数を考慮し、直接ご本人と相談することで、ひとりひとりに合わせたレンズ種類と度数選択をしています。

多焦点眼内レンズやモノビジョン法など、より質の高い見え方(QOV:クオリティー・オブ・ビジョン)を大切にした白内障手術をご提供したいと思います。

当院では、専門の検査機器を用いて、角膜のみならず眼球の屈折と光収差を計測し、各眼内レンズ(球面・非球面・着色・多焦点レンズ)を挿入した場合の患者さまの見え方をシミュレーションしてからレンズの選択を行います。

さらにもともと乱視が多い方や術後乱視に対しては乱視を減らす強主経線上切開法や角膜輪部減張切開術(LRI)を追加して更なる視力向上を目指します。

超音波測定では精度が低かった眼軸長測定に際して精度の高いIOLマスター(非接触・光干渉)を導入し屈折誤差を最小限にします。

日帰り白内障手術

白内障手術とは濁った水晶体を取り除き、代わりに眼内レンズを入れる手術です。

倉知眼科では多種多様な眼内レンズからおひとりおひとりにあったレンズを選択します。

全ての⼿術は⽇帰りで⾏うことが可能です。

詳しくはこちら

難症例白内障手術

認知症がある方は白内障で視力低下するとさらに活動性が低下します。

白内障手術を受けると目から刺激が増えるため活動性の改善が期待されます。 

総合病院で断られた認知症の方でも当院では最低限の術前検査ができればご家族の方との協力で今までほとんどの方の手術を無事に行っています。

詳しくはこちら

眼内レンズの選び方(レンズの種類)

目の状態を十分に把握し、ひとりひとりのライフスタイルに合わせて  丁寧に眼内レンズの種類と度数を相談して決めていきます。

倉知眼科では(着色・非着色)(単焦点・2焦点・3焦点) (乱視用・非乱視用)(強度近視用・通常用・強膜内固定術用)など約15種類から選んでいます。

詳しくはこちら

白内障手術スケジュール

まずは検査と診察を行い、手術を受けるかしばらく様子を見るか、ご家族と相談して頂きます。

白内障手術日は、通常1ヵ月前後で予定していきます。それ以降の予約も可能です。

両眼手術の場合、反対眼を1週間後に行います。

詳しくはこちら

白内障手術合併症について

白内障手術は成功率が高い(99%程度)ですが、水晶体を支えるチン小帯という組織がもともと弱い方などに起こるやむを得ない合併症があり、硝子体を切除して眼内レンズを縫着する場合があります。

このような場合も、当院では院長が安全に硝子体手術を行うことができますので、最後まで当院で治療が可能です

詳しくはこちら

白内障手術の様子