多治見市の倉知眼科

多焦点眼内レンズ 多治見市の白内障手術なら倉知眼科

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

HOME > 多焦点眼内レンズ
先進医療を行える施設として認定されることにより、多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)」を先進医療として行うことが出来るようになります。
って術前術後の診察等に健康保険が適応になり、民間の生命保険「先進医療特約」の対象にもなることから、済的負担が軽くなります。
詳しくは加入されている保険会社にお問い合わせ下さい。
当院における「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)」の費用は片眼35万円です。
多焦点眼内レンズは遠方と近方に大まかにピントの合う距離がありますので、
ほぼメガネ無しで生活することができます。
しかし、眼に入ってくる光を遠くと近くに振り分ける光学設計であるため、
夜間に光を見ると光が滲んだり光の周りに薄い光の輪を感じる方が時々あります。
3~6カ月で多くは気にならなくなるようです。
当院ではAlcon製のアクティブフォーカスとパンオプティクス、AMO社製のシンフォニーを採用しています。
角膜の状態や生活環境によりご相談のうえ適切なレンズを選択しております。目の状態や生活環境によっては適応にならない場合があります。

当院採用レンズ

名称 ActiveFocus
(アクティブフォーカス)
PanOptix
(パンオプティクス)
TECNIS Symfony OptiBlue
(テクニス シンフォニー
オプティブルー)
レンズイメージ
アクティブフォーカス 製品写真
パンオプティクス 製品写真
テクニス シンフォニー  製品写真
光学部デザイン
2焦点回折型
3焦点回折型
エシェレット回析
乱視矯正
焦点の特徴
遠方・中間
遠方・中間・近方
遠方・中間
ハロー・グレアの
自覚
ほぼない
少ない
少ない
読書
PC
ゴルフ
夜間運転
生産国
アメリカ(Alcon)
アメリカ(Alcon)
オランダ(グローニンゲン)
選定療養
選定療養費
(差額レンズ代)
アクティブフォーカス
20万円

アクティブフォーカス
トーリック
22万円
パンオプティクス
24万円

パンオプティクス
トーリック
27万円
テクニス シンフォニー
オプティブルー
18万円
テクニス シンフォニー
オプティブルートーリック
21万円
特徴 アクティブフォーカスはAlcon 社から2018 年7 月に発売された最新の多焦点眼内レンズです。アポダイズ回折構造により夜間の光視症(グレアハロー)は多焦点眼内レンズの中でも最も抑えられており、夜間よく運転される方にはお勧めです。コントラスト感度を単焦点眼内レンズとほぼ同等にし、遠くの見え方をくっきりと見えるようにした遠中型タイプのレンズです。その代わり近方視がやや弱い為、眼鏡が必要なケースもあります。
乱視を矯正できるトーリックタイプもございます。
パンオプティクスはAlcon社から2019年10月に発売される最新の眼内レンズで、国内で初めて厚生労働省より承認された3焦点眼内レンズのため先進医療が適応となります。いままでのアポタイズテクノロジーを更に進化させたENLIGHTENテクノロジーにより、近方から中間、遠方まで連続した焦点距離を実現しています。また従来の製品より光利用率を上げ、瞳孔径や照明条件に依存しないような設計になっており、ハロー・グレアもさほど気になりません。
乱視を矯正できるトーリックタイプもございます。
エシェレット回折デザインという独自の回折構造により焦点深度を拡張し、広い明視域を提供することで、遠方から近方にかけて、視力の落ち込みが無い自然な見え方、また明所、薄暮下、暗所などあらゆる照度下において単焦点眼内レンズに近い良好なコントラスト感度をご提供致します。
近方視がやや弱い為、眼鏡が必要なケースもあります。
乱視を矯正できるトーリックタイプもございます。




各距離の見え方比較

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの見え方比較

眼の状態による見え方の違い動画説明

眼内レンズによる見え方の違い動画説明

手術基本情報

 先進医療技術名 多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術
(たしょうてんがんないれんずをもちいたすいしょうたいさいけんじゅつ)
適応症 白内障
療養内容 白内障とは水晶体が硬くて厚くなり混濁し、さまざまな視覚障害を生じる眼の疾患です。白内障が進むと視力補正するために、混濁した水晶体を取り出し、人工の眼内レンズを挿入する手術(水晶体再建術)を行います。
従来用いられる単焦点眼内レンズは、焦点が遠方または近方のいずれも視力回復が可能となるため、眼鏡に頼ることが少なくなります。

手術の方法は、従来の眼内レンズ同様に、現在主流である小切開創から行う超音波水晶体乳化吸引術という方法で水晶体を吸引し、レンズを眼球後房に挿入します。
療養の分類 その他(眼科治療、再建術)
部位の分類 感覚器系

診療受付時間表

休診日:木曜午後 / 土曜午後 / 日・祝日
受付時間 午前 8:30~11:45   午後 2:30~5:30