多治見市の倉知眼科

多焦点眼内レンズ 多治見市の白内障手術なら倉知眼科

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

HOME > 多焦点眼内レンズ
先進医療を行える施設として認定されることにより、多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)」を先進医療として行うことが出来るようになります。
って術前術後の診察等に健康保険が適応になり、民間の生命保険「先進医療特約」の対象にもなることから、済的負担が軽くなります。
詳しくは加入されている保険会社にお問い合わせ下さい。
当院における「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)」の費用は片眼35万円です。
多焦点眼内レンズは遠方と近方に大まかにピントの合う距離がありますので、
ほぼメガネ無しで生活することができます。
しかし、眼に入ってくる光を遠くと近くに振り分ける光学設計であるため、
夜間に光を見ると光が滲んだり光の周りに薄い光の輪を感じる方が時々あります。
3~6カ月で多くは気にならなくなるようです。
当院ではAMO製のテクニスマルチフォーカルワンピース(ZMB00・ZLB00・ZKB00)と テクニスシンフォニーVB(ZXR00V)を採用。患者様の状態や生活環境により選択しております
(ZXR00V)は遠方から近方にかけて視力の落ちこみが少なく、自然な見え方の眼内レンズです。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの見え方比較

眼の状態による見え方の違い動画説明

眼内レンズによる見え方の違い動画説明

手術基本情報

 先進医療技術名 多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術
(たしょうてんがんないれんずをもちいたすいしょうたいさいけんじゅつ)
適応症 白内障
療養内容 白内障とは水晶体が硬くて厚くなり混濁し、さまざまな視覚障害を生じる眼の疾患です。白内障が進むと視力補正するために、混濁した水晶体を取り出し、人工の眼内レンズを挿入する手術(水晶体再建術)を行います。
従来用いられる単焦点眼内レンズは、焦点が遠方または近方のいずれも視力回復が可能となるため、眼鏡に頼ることが少なくなります。

手術の方法は、従来の眼内レンズ同様に、現在主流である小切開創から行う超音波水晶体乳化吸引術という方法で水晶体を吸引し、レンズを眼球後房に挿入します。
療養の分類 その他(眼科治療、再建術)
部位の分類 感覚器系

診療受付時間表

休診日:木曜午後 / 土曜午後 / 日・祝日
受付時間 午前 8:15~11:30   午後 3:15~6:30