多治見市の倉知眼科

取り扱い眼内レンズ 多治見市の眼内レンズ手術は倉知眼科

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

HOME > 治療案内 > 取り扱い眼内レンズ
  • 取り扱い眼内レンズ(資料提供 日本アルコン)

      現在の眼内レンズには大きく分けて単焦点と多焦点の二つあります。

眼内レンズの主な分類

  • 単焦点眼内レンズ

    単焦点ではピントが合う距離が一つですので、
    遠方に合わせれば近方はメガネが無いと見にくくなりますし、
    近方に合わせれば遠方はメガネが無いと見にくくなります。
    当院ではAMO製のテクニスオプティブルーiTec(PCB00V)
    HOYA製AF-1(VA70AD)・興和株式会社製のアバンシー(AN6KA・AN6MA)
    参天製薬製エタニティー(X-60、X-70)
    エタニティーナチュラル(NX-60、NX-70)の
    エタニティ- ナチュラル ユニ(W-60)
    9種を患者様の状態や生活環境に合わせ選択しております。

単焦点眼内レンズのピントの位置による見え方比較

  • 乱視用眼内レンズ

    強度の角膜乱視をもつ眼でも、乱視用眼内レンズにより乱視を減らせる事も可能です。
    当院では、AMO製テクニストーリックIOL(ZCV)を患者様の状態に合わせ選択しております。

乱視の見え方比較

  • 多焦点眼内レンズ

    多焦点眼内レンズは遠方と近方に大まかにピントの合う距離がありますので、
    ほぼメガネ無しで生活することができます。
    しかし、眼に入ってくる光を遠くと近くに振り分ける光学設計であるため、
    夜間に光を見ると光が滲んだり光の周りに薄い光の輪を感じる方が時々あります。
    3~6カ月で多くは気にならなくなるようです。
    当院ではAMO製のテクニスマルチフォーカルワンピース(ZMB00・ZLB00・ZKB00)と テクニスシンフォニーVB(ZXR00V)を採用。患者様の状態や生活環境により選択しております
    (ZXR00V)は遠方から近方にかけて視力の落ちこみが少なく、自然な見え方の眼内レンズです。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの見え方比較

眼の状態による見え方の違い動画説明

眼内レンズによる見え方の違い動画説明

診療受付時間表

休診日:木曜午後 / 土曜午後 / 日・祝日
受付時間 午前 8:15~11:30   午後 3:00~6:00